有名人も続々反応!フィンランド週休3日制をマリン首相が検討は誤報

自由な生き方

どうも、カントリーニ住子です。

フィンランドが週休3日、1日6時間労働を検討しているという話がネットニュースになりましたね。

フィンランド大使館のアカウントがそのような計画はないと否定していましたが、マリン首相が首相になる前に、労働時間の短縮ビジョンを持っていると語ったのは事実。

週休3日制についてTwitterでも色々な人が反応していましたね。

週休3日制についての反応

週休3日制をめぐっては、日本マイクロソフトが昨年8月に実施し、生産性が向上したと公表。

従業員の92%が評価しているという。 

このように、週休3日制の働き方改革におおむね前向きなコメントが多いです。

週休3日にすればこんなメリットが

・離職率低下

新卒入社した会社を3年以内に離職した理由として、

労働時間・休日・休暇の条件が良くなかった

という理由が男女ともに30%以上です。

出展:独立行政法人労働政策研・研修機構

人間関係も離職理由の上位ですが、週4勤務ならなんとか我慢できる!と考える人も多いはずです。

・経済効果

休みの日が週に3日あれば

旅行

買い物

外食

習い事

などなど、趣味に使える時間が増えますよねー。

とくに旅行なんかは盛り上がりそうだな。

趣味や娯楽にお金を落とす人が増えれば経済が回ります。

・優しい社会になる

人にやさしくするためには自分の心にゆとりがないと出来ないですよね。

電車にベビーカーが乗ってきたら舌打ちをする人も居るそうですが、そういう人は心に余裕がないんだろうね。

週4勤務、さらに稼働日を分散させることにより満員電車も緩和されるでしょう。

リフレッシュできるので心に余裕が出来る人が増えます。

会社に依存するのはやめよう!

そもそも、会社に依存する時代はもう終わっています。

昨年はNEC、富士通、コカ・コーラなどでリストラが進行されました。

終身雇用も退職金制度もない会社も多くあります。

これからは、会社員であっても会社の仕事とは別に自分のビジネスを持つべきです。

(iDeCoもいいと思います。)

また、年金も貰えるにはもらえると思いますが、生きている間に満額もらえるかは疑問です。

年金だけで老後生活していけるという考えは捨てたほうがいいです。

退職後にも収入源がないと、生きていけなくなってしまうでしょう。

現状から抜け出す、新しいビジネスを始めるにはまず時間が必要です。

そのためにも週休3日制になれば、老後にそなえてビジネスや副業を開始できますね!

まとめ

【まとめ】
・フィンランド週休3日制6時間勤務は誤報だった
・しかし、マリン首相が首相になる前に労働時間短縮のビジョンを語っていた
・週休3日にするとメリットたくさん
・もはや会社に依存する時代ではない

もはや会社に忠臣を尽くす時代は終わりました。

これからは自分の身は自分で守らなくてはいけません。

年金もあてにしてはいけません。

自分個人の力で稼いでいきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました